医療脱毛の掛け持ちは本当にOK?効果的に掛け持ちする裏ワザを紹介…!

Pocket

70 views

医療脱毛の通い方の1つに、「2つ以上のクリニックを掛け持ちする」という方法があります。

つまり、複数のクリニックと契約して同時期に通うということです。

「でも、掛け持ちなんてしてもいいの?」
「バレたら怒られないかなぁ?」

と不安な方もいるかもしれませんが、サロンでもクリニックでも掛け持ちが禁止されているところはほとんどありません。掛け持ちは自由なのです!

ただし、適当に掛け持ちをすると脱毛スケジュールがめちゃくちゃになったり、お肌に負担がかかったりします。特に医療脱毛はパワーが強いため、掛け持ちするなら計画的に、安全性を考えた上で行なうことが大切です。

この記事では、医療脱毛を掛け持ちするメリットや注意点、効果的な掛け持ち方法などについてくわしく解説していきます。

目からウロコの掛け持ちワザをご紹介しますので、複数のクリニックが気になっている方はぜひ読んでみてくださいね♪

医療脱毛クリニックを掛け持ちするメリット・デメリット

「そもそも、医療脱毛を掛け持ちする必要ってあるの?」と不思議に思う方もいるかもしれませんが、実は掛け持ちにはちゃんとメリットがあるんです!

一方でデメリットもいくつかありますので、どちらも知っておきましょう。

医療脱毛を掛け持ちする3つのメリット!

  • 組み合わせ方によってはお得に脱毛できる
  • 効果的に脱毛できる可能性がある
  • コンスタントに予約を入れられる

医療脱毛の掛け持ちには、まず「料金」面でのメリットがあります。

普通に考えると、通うクリニックの数が多いほどお金がかかりますよね。しかし、格安のキャンペーンをうまく利用したり、クリニックごとに低料金のプランを組み合わせたりすれば、1か所でドカンと契約するより安く済む可能性があるのです。

2つめのメリットは「効果」です。クリニックによって使用している脱毛機が違うため、そのあたりもしっかりチェックした上で掛け持ちすると、1か所に通うより効果的に脱毛できる可能性があります。

そして3つめのメリットは「予約」です。医療脱毛クリニックも、脱毛サロンと同じように予約が取りにくいところが増えています。特に春や夏は脱毛に通う女性が多いため、なかなかスケジュール通りに予約を入れられないことも……。

そんな時、複数のクリニックを掛け持ちしていれば、その時空いているクリニックに予約を入れられますので、コンスタントに脱毛を進めていけるのです!

他にも、複数のクリニックに通うことで自分に合ったところが見つかる、というメリットもありますよ。脱毛ジプシーになっている女性にもおすすめです♪

医療脱毛を掛け持ちする3つのデメリット…!

  • 脱毛スケジュールの管理が大変
  • カウンセリングの手間がかかる
  • 組み合わせ方によっては料金が高くなる

医療脱毛の掛け持ちのデメリットとしては、まず「スケジュール管理の大変さ」があります。

脱毛は、基本的に毛周期に合わせてお手入れする必要があるため、うまくスケジューリングできないと効果的な脱毛ができなかったり、お肌に負担がかかったりしてしまいます。

2か所以上に通うなら、自分でしっかり計画を立てて、毛周期に合った通い方をしなければいけません。

2つめのデメリットは「手間」です。通う手間もかかりますが、最初に受けるカウンセリングも意外と時間を取られますので、面倒さを感じてしまうかもしれません。

そして3つめのデメリットが「料金」です。お得なプランをうまく組み合わせられれば安く上がるのですが、それができないと逆に高くついてしまいます。わざわざお得じゃないプランを組み合わせないよう、細心の注意が必要です!

他には、「万が一肌トラブルが起きた時、どこに相談すべきか分からない」という問題が出てくることも。いつ、どの部位をどこで受けたのか、きちんと記録しておくことが大事ですね。

医療脱毛を掛け持ちする際の3つの注意点

複数のクリニックに通うなら、上記でご紹介したデメリットを踏まえ、通い方を考える必要があります。

医療脱毛の掛け持ちで特に注意したいポイントを3つ挙げますので、参考にしてみてくださいね。

医療脱毛の掛け持ちは「違う部位」にする

毛周期のイラスト

クリニックを掛け持ちする方法は色々ありますが、安全性とスケジューリングのしやすさを考えるなら「違う部位」で組み合わせるのがおすすめです。

あちこちで同じ部位を脱毛すると、毛周期とズレてしまって効果が出にくいですし、肌にも刺激が強すぎます。

ですから、「AクリニックではワキとVIO、Bクリニックでは手足」というふうに、部位によって契約先を変えた方が基本的には安心です。

違う部位なら、受けるタイミングを気にせずに済みますよね♪

同じ部位なら2~3ヶ月は空ける

顔がやけどした女性

もし複数のクリニックで同じ部位の脱毛を受けるなら、しっかりスケジュールを確認して、2~3ヶ月は空けるように調整しましょう。肌へのダメージを最小限にするためです。

特に従来型の「熱破壊式」の脱毛機はハイパワーですので、短期間に何度も照射すると、やけどや色素沈着などの肌トラブルが起きるリスクが高まります。

そうなると、脱毛をしばらくお休みしなければいけませんし、何より美肌を目指しているのに逆効果になってしまいますから、間はしっかり空けるようにしてくださいね。

同じ部位の脱毛をあちこちで受けると、どのクリニックの脱毛が1番効果があったのかが分かりにくくなってしまうデメリットもありますよ。

掛け持ちは多くても2~3か所にする

PCの前で頭を抱える女性

掛け持ちのしすぎにも注意が必要です。同時に通うなら、多くても2~3か所までにしておきましょう。

多すぎるとカウンセリングの手間がかかるのはもちろんのこと、スケジュール管理もしにくくなり、いつどこに予約を入れたのか分からなくなる可能性があります。

うっかり当日キャンセルをしてしまうとペナルティの対象になることもあるため、自分で把握できる程度の掛け持ちにとどめておきたいですね。

通うクリニックを多くしすぎると「コースの有効期限を消化できずに終わってしまう」可能性もあるので、気をつけましょう。

医療脱毛クリニックを効果的に掛け持ちできる5つの通い方を紹介!

せっかく複数のクリニックにを利用するなら、料金が安く済んで、効果も出る通い方をしたいですよね。

ここでは、おすすめの掛け持ち方法を5つご紹介していきたいと思います!

部位ごとに安いクリニックを選んで通う

おすすめの通い方
  • 顔脱毛が安いクリニックで顔脱毛を受ける
  • ワキ脱毛が安いクリニックでワキ脱毛を受ける
  • VIO脱毛が安いクリニックでVIO脱毛を受ける etc…

注意点のところでもご説明したように、もっとも掛け持ちに向いているのは「複数のクリニックでそれぞれ違う部位を脱毛すること」です。

たとえば、顔とワキとVIOを脱毛したい場合、顔脱毛が安いAクリニックで顔を、ワキ脱毛が安いBクリニックでワキを、VIO脱毛が安いCクリニックでVIOを、というふうに分けます。

クリニックによって部位別の料金は異なりますので、できるだけ安く受けられるところを選んで組み合わせましょう。

このようにパーツごとにクリニックを変えるなら、同じ部位に何度も照射せずに済むため、肌の負担が大きくなることもありません。

まずは、通える範囲にあるクリニックをピックアップして、脱毛したい部位の料金が最安のところをリサーチしましょう!

全身脱毛は「顔とVIO」だけ安いところで別に受ける

おすすめの通い方
  • 顔+VIOなしの全身脱毛が安いところで契約する
  • 顔とVIOは他の安いクリニックで受ける

全身脱毛を受けたい場合は、基本的に1か所で済ませた方がラクですが、「顔とVIOだけ別のクリニックで受ける」のも1つの方法です。

多くのクリニックでは、全身脱毛に顔とVIOを付けるかどうかを選べるようになっています。顔とVIOなしの全身脱毛なら、安いところでは5回10万円以下で受けることも可能です。

そのようなクリニックで全身脱毛を契約して、顔とVIOだけは他のもっと安いクリニックで別に受けるのも賢い方法ですね!

1か所でまとめて受けるのとどちらがお得なのか、総額で比較することが大切ですよ♪

割引キャンペーンや「乗り換え割」をうまく活用する

おすすめの通い方
  • 例1:初回限定のお得なキャンペーンを組み合わせる
  • 例2:期間限定のお得なキャンペーンをはしごする
  • 例3:2つめ以降のクリニックは「乗り換え割」のあるところを選ぶ

医療脱毛を掛け持ちするなら、お得なキャンペーンをフル活用するのもおすすめです。

クリニックの中には、新規契約者を対象としたキャンペーンを開催するところもたくさんあります。特に顔・ワキ・VIOは、トライアルを兼ねて格安のキャンペーンを行なうクリニックが少なくありません。

安いところでは、両ワキを5回10,000円以下で受けられるクリニックもありますので、近くのクリニックをチェックしてみてください。

そのようなお得なキャンペーンをはしごするのも1つのワザです。たとえば、「期間限定で全身脱毛が3回30,000円!」のようなキャンペーンを見つけたら、そこでひとまず3回受けて、今度は別の格安キャンペーンを実施しているクリニックに移る、というのも良いと思います。

もう1つ注目したいのが「乗り換え割」です。一部のクリニックでは、他のクリニックやサロンから乗り換える人を対象としたお得な割引を用意しています。

実はこの乗り換え割、他のクリニックやサロンを解約したかどうかまではチェックされません。他店の会員証や診察券を提示するだけでOKのところがほとんどですので、掛け持ちするなら2つめ以降のクリニックは乗り換え割のあるところを選んで、しっかり割引を受けるのも賢い方法ですよ♪

乗り換え割のある人気クリニックの一部をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

乗り換え割のあるクリニック 割引の内容
エミナルクリニック 全身脱毛が最大50,000円オフ!
フレイアクリニック 5回以上のコースが最大30,000円オフ!
アリシアクリニック 全コース最大2,000円オフ!
リゼクリニック すべての3回・5回コースが10%オフ!
ルシアクリニック 15万円以上の契約が10,000円オフ!
ジョウクリニック 全身脱毛5回以上(新規)のコースが30,000円オフ!
渋谷美容外科クリニック 契約部位の脱毛照射1回プラス保証が付く!
リアラクリニック 最大20,000円オフ!
最大5万円も割引されるクリニックもありますね。掛け持ちするなら、乗り換え割は利用しないと損ですよ♪

少ない回数プランを複数のクリニックで契約する

おすすめの通い方
  • 例1:Aクリニックで3回パック+Bクリニックで3回パック
  • 例2:都度払いのできるクリニックと複数契約しておく

医療脱毛の掛け持ちは、基本的に違う部位を組み合わせた方がいいのですが、あえて同じ部位を組み合わせるやり方もあります。

たとえば全身脱毛する場合、1つのクリニックで5回分の契約をするのではなく、「Aクリニックで3回パック+Bクリニックで3回パック」のように、それぞれ少ない回数で契約するのです。

料金を考えるなら、1つのクリニックでまとまった回数を契約した方が安く済むのですが、この方法には「予約が取りやすい」というメリットがあります。

常に2つ以上のクリニックと契約していれば、どこかのクリニックには希望通りの日時に予約を入れられる可能性が高いため、毛周期に合わせてスムーズに脱毛を進めていけるのです。

または、もっと自由に通うなら、1回料金の設定されているクリニックを併用する方法もあります。これなら、その時都合のいいクリニックに都度払いで通えますので気楽です。

料金は割高になってしまいますが、予約待ちでイライラしたくない方や、複数のクリニックの脱毛効果を比較したい方におすすめの方法ですよ♪

熱破壊式+蓄熱式のクリニックを併用する

おすすめの通い方
  • 毛が濃い部位は熱破壊式のクリニックに通う
  • 毛が薄い部位は蓄熱式のクリニックに通う

脱毛効果を重視する方におすすめなのが、脱毛機によってクリニックを組み合わせることです。

レーザーを使った医療脱毛機は、大きく分けて2種類あります。1つは、毛根にワンショットでダメージを与える「熱破壊式(ワンショット式)」、もう1つはバルジ領域というところにじわじわと低温の熱を加える「蓄熱式」です。

熱破壊式は痛みが強い分パワフルなため、脇やVIOなどの太く濃い毛にも高い効果を発揮します。一方、蓄熱式はパワーはやや劣りますが、毛や肌の色に関係なく脱毛できることから、産毛や日焼けした部位に向いている脱毛方式です。

両方の脱毛機を導入しているクリニックもありますが、どちらか1種類だけのクリニックもあります。一般的に、蓄熱式脱毛のみを行なっているクリニックの方が、料金が安い場合が多いです。

たとえば「ワキやVIOなどの毛が濃い部位は、熱破壊式の脱毛機を使用するクリニックで受ける」「それ以外の部位は、蓄熱式脱毛機を使用するクリニックで受ける」というふうに通い分けると、効率よく脱毛ができますし、料金も安く抑えられる可能性がありますよ。

参考として、クリニックでよく使われている脱毛機の方式をご紹介します。クリニック選びに役立ててくださいね!

脱毛機の名称 脱毛方式
ライトシェアデュエット 熱破壊式
ジェントルレーズPRO・ジェントルマックスPRO 熱破壊式
ベクタス 熱破壊式
メディオスターNeXT PRO 蓄熱式
ソプラノチタニウム・ソプラノアイスプレミアム 蓄熱式
NIR Plus 蓄熱式
脱毛機の種類にまで着目してクリニックを選べるようになると、脱毛上級者と言えそうですね♪

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの掛け持ちはアリ?

サロン×クリニックを掛け持ちするなら…
  • 先にサロンに通って、毛が弱ってからクリニックに切り替える(痛みに弱い人向け)
  • まずサロンに通って、効果が十分じゃなかった部位だけクリニックで受ける

脱毛の掛け持ちといえば、「クリニック×クリニック」だけではなく、「脱毛サロン×クリニック」という組み合わせも考えられますよね。

しかし、サロンとクリニックの掛け持ちは基本的にあまりおすすめできません。というのも、効果を考えるなら「クリニックだけで十分」であり、わざわざサロンを併用する必要性は低いからです。

ただ、メリットがあるかもしれない掛け持ち方法が2つあります。

1つは、先にサロンで毛をある程度弱らせてからクリニックに通う、という方法です。

痛みにものすごく弱い方の場合、最初からクリニック(特に熱破壊式)に通うと、痛すぎてめげてしまうおそれがあるため、最初にサロンで毛を細くしてからの方が痛みを感じにくい可能性があります。

厳密には掛け持ちではなく、サロンからクリニックに乗り換える、という形ですね。この場合、乗り換え割のあるクリニックを選びましょう♪

もう1つは、基本的には安いサロンに通って、効果が不十分なところだけクリニックで受ける、という方法です。特にVIOはしぶといため、「VIOだけクリニック」にするといいかもしれません。

ただ、医療脱毛でも蓄熱式は痛みが少ないので、基本的には「クリニック×クリニック」の方がメリットは多そうですね。

まとめ

医療脱毛の掛け持ちまとめ
  • 医療脱毛の掛け持ちは原則禁止されていないのでOK!
  • スケジュール管理して、毛周期に合わせて通うことが大切
  • 掛け持ちの仕方によっては、料金が安く済む
  • 脱毛機の種類に注目すると、効果の高い脱毛ができる
  • 「サロン×クリニック」より「クリニック×クリニック」の方がおすすめ

ほとんどの医療脱毛クリニックでは、掛け持ちは特に禁止されていないため、基本的には個人の自由です。

ただし、同じ部位の脱毛を立て続けに受けてしまうと、肌トラブルの元になりますので、しっかりスケジュールを管理して毛周期に合わせて通うことが大切になります。

部位別脱毛の安いクリニックをうまく組み合わせられれば、1か所だけに通うより料金が安く済む可能性が高いです。期間限定のお得なキャンペーンや「乗り換え割」などもフル活用しましょう♪

また、各クリニックで使用している脱毛機の種類にも注目すると、部位に応じた効果的な脱毛ができますよ。

「サロン×クリニック」の掛け持ちもアリですが、効果の高い「クリニック×クリニック」の組み合わせの方が基本的にはおすすめです。

上手に掛け持ちするためには、十分な下調べが必要です。まずは通える範囲にあるクリニックをリサーチしてみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TRIMOの最新情報をお届けします

キレイモ
芸能人や読者モデルが数多く通う!今最も人気の脱毛サロン
シースリー
回数無制限で通える脱毛プランあり。全身脱毛専門サロン
恋肌
圧倒的安さがウリ!全国展開を始めた伸び盛りの脱毛サロン
ミュゼプラチナム
店舗数、会員数でNo.1!言わずと知れた人気の脱毛サロン
ストラッシュ
新理論のSHR脱毛を採用。最近できた新しめの脱毛サロン
ディオーネ
キッズ脱毛も可能!肌ダメージゼロの敏感肌専門サロン
銀座カラー
医療機関と共同開発した保湿マシン「美肌潤美」が人気!
脱毛ラボ
夜遅くまでの営業で仕事終わりも通いやすい。低価格がウリ
TBC
美容をトータルにプロデュースするTBCグループが手掛ける脱毛サロン
エピレ
TBC運営のサロン!日本人の肌に合わせた脱毛機器を採用
リンリン
口コミで人気のサロン。メーカー直営の国産脱毛機器を使用
レイビス
創業25年以上の実績あり!確かなノウハウで安心の施術可